本文へスキップ

無理なく確実にキャッシュ・フロー改善

コスト削減COST

無駄なコストの発生を防止できない主な理由の1つは、予算実績管理が機能していないことです。
たなかビジネスサポートは、会社の予算実績管理サイクルを毎月確認し、改善提案と社員研修を繰り返すことによってこの課題を解決し、コスト削減体制の確立をサポートいたします。


○○○○○○○○イメージ

予算実績管理が機能しない理由

【経営者の予算軽視】
予実管理に限ったことではありませんが、とりわけ中小規模の企業においては、社長の姿勢は従業員の姿勢を大きく左右します。
業績の水準を判断する際に社長が予算よりも前年実績との比較を重視していたり、社長自身にかかわる旅費や交際費などの予算外支出(高額の場合が多い)を例外としていては、どれほど精緻な予算を作成しても、真剣に予算実績管理を行おうという意識が社内に醸成されることはありません。

【作成部門と実行部門の分離】
予算作成には一定水準の経理知識が必要になることもあり、各部門が自部門の予算を作成するのは難しいことも多いようです。
しかしながら、それを理由に経理部門など特定の管理部門が全部門の予算を作成し、各部門は与えられた予算を元に管理していると、いつまでたっても予算数値に対する責任意識は芽生えません。

【表面的な差異分析】
いわゆる「なぜなぜ分析」がそうであるように、予算と実績に乖離が生じた場合、その根本原因を追究してこそ次に有効な対策を打つことができます。
しかしながら、根本原因の追究には時間と労力がかかるため、差異分析が浅いレベルにとどまることが少なくありません。
そうすると有効な対策につなげることができず、有効な対策につなげられないのであれば一生懸命差異分析をしても仕方がないということになり、悪循環に陥ってしまいます。

<関連記事>
オーナー企業における予算実績管理の難しさ


○○○○○○○○イメージ

考えられる対応策

【予算を主要経営指標とし、例外を設けない】
毎月の業績水準を判断する際の指標をまず予算に置き、予算対比を重視します。
また、社長自身にかかわる支出も含め、例外なく予算実績管理を行います。
そうすることによって、社長以下、会社全体で真剣に予算実績管理を行おうという意識が醸成されます。

【自部門の予算は自部門で作成する】
各部門は、自部門の予算を自ら作成します。
そうすることによって、予算数値に対する責任意識が育ちます。

【次のアクションを意識した差異分析】
予算実績差異の分析は、次のアクションを意識して行います。
分析結果が業務の改善につながることによって、根本原因を追究する差異分析を行うようになり、好循環が生まれます。


○○○○○○○○イメージ

社内で対応する難しさとたなかビジネスサポートのサポート

【新しい経営指標の定着と社長の理解】
予算を第一の経営指標とするためには、それが信頼に値する数値でなければなりませんが、そのような予算を作成するには熟練した技術が必要であり、技術を習得するためにはある程度の時間が必要となります。
たなかビジネスサポートは、全社予算作成の技術を噛み砕いてご説明し、できるだけ早く信頼に値する予算を作成するお手伝いをいたします。
また、「管理されること」に抵抗感のある社長に対して、予算実績管理の大切さを従業員の立場から説明するのは難しい場合が往々にしてありますが、たなかビジネスサポートは、社外の専門家の立場から社長の理解を助けます。

【部門予算作成の教育】
各部門が自部門の予算を作成するにあたってボトルネックとなるのは、経理知識の欠如と、細かな数字に対するアレルギーです。
たなかビジネスサポートは、各部門の予算管理担当者に対して、予算作成に必要な知識やコツを噛み砕いてご説明し、理解できるまで何度もフォローを繰り返します。

【アクション実施のチェック】
予算実績差異の分析結果をどのように次のアクションにつなげたか、またそれによってどのような効果があったかについては、チェックする体制がないことが多く、好循環につなげることができないことが少なくありません。
たなかビジネスサポートは、分析結果をどのように次のアクションにつなげたかを重視し、継続的にその実施状況を確認することによって、差異分析⇒改善⇒さらに意味のある差異分析となる好循環を構築するお手伝いをいたします。



たなかビジネスサポートは、予算管理、売掛金管理、在庫管理について、@今ある管理サイクルを見直し、A定期確認と社員研修を繰り返すことによって、有効に機能する管理サイクルを定着させます。

【サービスの特徴】
  • たなかビジネスサポートがご提案する管理サイクルは、会社がすでに運用しているものをベースとし、それに改善を加えたものです。新しいことは必要最小限に抑えるので、運用現場に無理な負担がかかりません。
  • たなかビジネスサポートは、改善した管理サイクルが定着することを重視しています。定着するまで徹底的に定期確認と社員研修を繰り返すので、確実に効果が上がります。


予算実績管理制度が機能しない原因を調査します。
お気軽に info@tanakabizsupport.com までお問い合わせください。



バナースペース

たなかビジネスサポート


URL:http://tanakabizsupport.com/

e-mail:info@tanakabizsupport.com